So-net無料ブログ作成

常総学院高校野球部―木内マジックの深層 (B・B MOOK 1288 高校野球名門校シリーズ 14) [雑誌]


常総学院高校野球部―木内マジックの深層 (B・B MOOK 1288 高校野球名門校シリーズ 14)

常総学院高校野球部―木内マジックの深層 (B・B MOOK 1288 高校野球名門校シリーズ 14)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2016/03/14
  • メディア: 雑誌

 ベースボール・マガジン社から出版されている「高校野球名門校シリーズ」の一冊。
 茨城県でいえば,最近は明秀日立,霞ヶ浦,土浦日大など続々と野球に力を入れる高校が増えていますが,常総学院がその先駆けといえるでしょう。

 取手二高で全国制覇を成し遂げた木内幸男監督を迎え,その後の活躍ぶりは茨城県内では誰もが知っています。
 その木内監督流の選手育成や,部長,コーチ,現佐々木力監督へのインタビュー。
 常総学院卒業生へのインタビューも充実。
 元プロ野球選手の島田直也さん,仁志敏久さんなどのインタビューも。

 木内マジックとはいうけれど,実際のところは選手をずっと見ていて,プレーのスタイル,性格,調子の良し悪しなどを熟知して,できることをやっていると感じました。まわりにとってはマジックに見えるけれど木内監督にとっては,当然成功すると思ってやっている戦略なのだということです。
 一にも二にも選手たちを見ること,ただそのレベルがものすごく深いのだと思います。

 現在の佐々木力監督も,木内野球を踏まえた上で,現在のチームに必要だと思うことは貪欲に取り入れていく。敵チームの良さも取り入れる強さがあると感じました。

 このムック本は,2016年(平成28年)に出版されていますが,その後も茨城県内の高校は常総学院をはじめとして,実力をつけてきているのではないでしょうか。

 2018年の夏,茨城県大会決勝は佐々木力監督率いる常総学院と,小菅勲監督率いる土浦日大の対決となりました。監督はともに取手二高で甲子園に出場し,全国制覇を成し遂げたチームメイト。木内イズムを引き継ぐ人々がまた監督になって次の世代を育てているんだと思うと胸が熱くなります。

 ただ……ただ……,持丸修一監督(2003年9月~2007年8月)について,ほぼほぼ触れられていないんですよね。黒歴史にされている感も。竜ヶ崎一高,藤代高,後には専大松戸で甲子園出場を果たした素晴らしい監督だと思いますが。




nice!(2)  コメント(0) 

パンツのはきかた(こどものとも年少版2007年5月号) [雑誌]


こどものとも 年少版 2007年 05月号 [雑誌]

こどものとも 年少版 2007年 05月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 2007/04/02
  • メディア: 雑誌


 2011年に福音館書店から幼児絵本シリーズの一冊としてハードカバーで刊行されています。

パンツのはきかた (幼児絵本シリーズ)

パンツのはきかた (幼児絵本シリーズ)

  • 作者: 岸田今日子
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 2011/01/20
  • メディア: 単行本




 パンツはね はじめにかたあしいれるでしょ♪

 こんな言葉で始まる絵本。元はといえば、作者の岸田今日子さんのお子さんがまだ小さかった頃、パンツを穿かせるときに歌っていたのを採譜したもの。それに佐野さんが可愛いぶたの絵をつけました。歌の楽譜も最後のページに載っています。

 次女みき(仮)が2歳の頃に出た絵本で、何回も読んで、またみき(仮)にパンツを穿かせるときにはたいてい歌ってました。可愛くて大好きな絵本です。

 で、何故に発行から5年たってブログにアップしたのか。佐野洋子さんの「死ぬ気まんまん」(光文社)を読んですぐ、オイラ個人的に「パンツのはきかた」が懐かしくなってしまったからなのであります。すっごく和む絵本。鼻歌を歌うように呑気にパンツを穿かせたい。
 気がつけばうちの子達は風呂上がり勝手にパンツ穿いてますが。成長したなあ。

ROYAL COPENHAGEN (e-MOOK) [雑誌]


ROYAL COPENHAGEN (e-MOOK)

ROYAL COPENHAGEN (e-MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2011/08/01
  • メディア: 大型本


 ムック本だし、どうしようかなあと思いつつ、よぴきちさんだけでご紹介。

 ロイヤルコペンハーゲン、美しいよねぇ。表紙にもある、ブルーフルーテッドのシリーズとか。
 ロイヤルコペンハーゲンの食器は欲しくても高いので、よぴ吉はまだ手を出していません。いずれオイラ自分にご褒美をあげられる日が来たら、食器シリーズ少しずつ買い揃えたいなぁ。

 ロイヤルコペンハーゲンのお皿の、絵付けの工程とか、職人さんのインタビューとか、ああ、良いなあって思いました。伝統だけにとらわれず、新しいものを作っているのですね。クリエイティブ。

Q-pot. 2010-2011 Early Spring Collection (e-MOOK) [雑誌]


Q-pot. 2010-2011 Early Spring Collection (e-MOOK)

Q-pot. 2010-2011 Early Spring Collection (e-MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2010/11/27
  • メディア: 大型本


 Q-pot.って可愛いよねー可愛いよねー。(笑)
 通販で届いたときに、運良く?悪く?娘達二人もいて、これを見たら可愛いー、っていってバリバリ包装を剥きだしました。で、あっという間に、付録は長女エプロン、次女バッグをもらうということに話を付けられてました。オイラ使いたかったのに~。 ちょっと生地は薄めかと思ったけれど可愛いのに~。

 おまけに釣られて買ったけど、本文もQ-pot.のスイートなアイテムが満載です。やっぱりお菓子大好きだよね、女子って。よぴ吉家の女子3人は、莫迦の一つ覚えのように可愛いーを連発してました。Q-pot.アイテムのカタログみたいなものなので、目で見て楽しむが吉。スイーツ嫌いには地獄。(笑)