So-net無料ブログ作成

パディントンのクリスマス [児童書]


パディントンのクリスマス (世界傑作童話シリーズ)

パディントンのクリスマス (世界傑作童話シリーズ)

  • 作者: マイケル・ボンド
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1968/11/20
  • メディア: 単行本

 「パディントンの本」シリーズの2冊め。
 小学校中級以上と本にありますが,小3~4くらいのギャングエイジの子たちが読んだら,結構重なるところがあるのではないかと思います。

 イギリス,ロンドン,ウィンザーガーデン二十二番地。
 ペルーからやってきた小さいくまのパディントンが,ブラウンさん一家と暮らすようになりました。

 この「パディントンのクリスマス」では,クリスマス前の冬の物語。
 家族写真を取ったり,探偵になったり,大きなデパートにプレゼントを買いに行ったり。
 そしてクリスマスの日の贈り物をしたり。

 なにかあるごとに,パディントンのまわりには,事件が起こるけれど。
 それでもパディントンはみんなに愛されています。

 顔がマーマレードでべたべたになっても,何があっても愛らしいパディントン。
 悪気はまったくないのに,頑張っているのに何故か事件が起こってしまう。
 それをブラウンさん一家は温かく受け止めている。
 パディントンのことがみんな大好きだというのがわかります。

 パディントンが表面的にやんちゃないたずら坊主に見えても,根っこはだれか周りの人への思いやりがあるんだというのが,共感できるような気がします。



nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。