So-net無料ブログ作成

京成の駅 今昔・昭和の面影 [本]


京成の駅 今昔・昭和の面影 100年の歴史を支えた全駅を紹介 (キャンブックス)

京成の駅 今昔・昭和の面影 100年の歴史を支えた全駅を紹介 (キャンブックス)

  • 作者: 石本 祐吉
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2014/01/30
  • メディア: 単行本

 JTBのキャンブックスシリーズの一冊。
 上野,押上から,成田・千葉方面に路線を広げている京成電鉄の各駅を紹介した本。
 著者自身で撮影された写真,京成電鉄にあった写真で各駅を紹介されている。
 昭和初期のこじんまりした駅から,平成になって建て替えられたあとの駅まで。
 様々な時代の写真を通じて,それぞれの駅がどのように変わってきたがが分かります。

 各駅のデータもすごいです。現在客扱いをしているところだけでなく,,廃駅になってしまったものや橋梁まで紹介されています。

 また,公津の杜新旧ルートや,京成千葉,千葉中央あたりの駅や路線の移転,馬車軌間の1372mmから標準軌の1435mmへの軌間変更など,長い歴史の間に数多くの工事があったのだなあと知りました。

 現在は成田空港への特急スカイライナーが有名ですが,古くには成田山詣での列車や谷津遊園への電車など,古い写真で紹介されていてます。京成さんは昔の車両の行き先表示が目的地ごとに形が違うんだなあと,写真を見ながらしみじみ感じました。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。