So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

下剋上受験 [本]


下剋上受験[文庫版] ―両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!

下剋上受験[文庫版] ―両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!

  • 作者: 桜井信一
  • 出版社/メーカー: 産経新聞出版
  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: 文庫


 テレビドラマ化もされた,中卒の父とその娘の,中学受験ストーリー。すべて実話。

 中卒の両親のもとに育ち,自身も中卒。奥さんも中卒。
 だが,社会で生きていく中で,中卒の生きづらさを感じていた。自分が中卒だとわかった途端,態度を変える人々。重要で責任のある仕事は学歴のあるものが持っていってしまう。当然給料も高い。
 娘に,同じ道は歩ませたくない。父と娘,中学受験を目指す。
 だが,中学進学向けの塾だと,一番下のクラスに入れられ,女子最高難度の桜蔭学園を目指すことはできないだろう。それに費用もばかにならない。
 そう考えた父は,娘と二人,親塾を始める。娘といっしょに,中学受験に向けた問題に取り組むのだ。

 とにかく,娘の佳織さんも頑張っていたが,難関校受験向けの学習を一緒に頑張る父,信一さんもすごい。
 娘との勉強が終わったあとの深夜に,問題集にじっさいに取り組んでいるのである。
 娘にやらせる前に,自分自身でも解いてみる。どんなに時間がかかっても。
 よく,子供に命令するのではなく,やってみせ,そのうしろ姿を子供に見せるのだ,とは言われるが,それを実践するのは難しい。ましてや,難関校の入試問題である。中学入試とはいえ,「つるかめ算」「周期算」「旅人算」「流水算」など,小学校では習わない特殊算の解法や,文章題でどれを使うかの判断。高卒,大卒の普通の大人でも難しいのではないか。

 また,父信一さんの言葉も重い。過程が大切だというのは,結果を残したから言えることであって,結果を残していないことにはどうしようもない。結果にこだわるからこその過程なのだ。
 中学入試を通じて,信一さんも勉強の楽しさ,ひいては学問の楽しさに気づいたのだ。そして,同じように娘さんも。
 すごいことだと思う。なかなかできないことだと思う。
 娘に学歴を与えたい,中卒の学歴ではいけない,というスタートから,新しいことを学ぶことが楽しい,持てる自分の知見から問題を解決していくことが面白い,と思えるようになったのだと思う。

 娘の佳織さんは最難関の桜蔭には残念ながら不合格だったが,別の難関中高一貫校に進んで,勉強に忙しいながらも充実した生活を送っているそうだ。
 この文庫版の巻末にある,佳織さんの言葉がとても素晴らしい。努力したことはその後の人生に生きてくる,そう感じた。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。