So-net無料ブログ作成
検索選択

京成電鉄のひみつ [本]

「京成電鉄のひみつ」PHP研究所・編 京成電鉄・協力

 PHP研究所から出版されているシリーズの京成電鉄編。

 京成電鉄の路線や車両、歴史など、それこそこれでもかと詰め込まれている1冊。
 京成は私鉄の中でも種別が最も多いほうだとか、京成上野と日暮里の間に博物館動物園駅があったとか、色々とトリビアがありました。

 それから、始めは成田山ヘの参拝路線として計画されましたが、やがて成田空港が開港、それからは空港アクセスとして重要な路線となったとのことです。
 新AE形は最高時速160km、京成上野ー空港第2ビルの間を最速36分で結びます。

 京成さんは馬車鉄道(路面電車、市電など)の1372mmの軌間を都営地下鉄、京急電鉄の1435mmに合わせるときに改軌しているのですが、改軌された境界の駅で乗り換えをしている写真が載っていて、個人的に興味深かったです。

 オイラ京成電鉄はスカイライナーに1回乗った程度ですが、他の路線も乗りに行きたくなりました。

 今度、金町線から京成本線や押上線のほうに行ってみようかな。

 この「~のひみつ」シリーズはどれも内容が濃いですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。