So-net無料ブログ作成
検索選択

七人の敵がいる [本]


七人の敵がいる

七人の敵がいる

  • 作者: 加納 朋子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2010/06/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


 PTA活動というものは、とかく面倒くさいものである。主人公、山田陽子はキャリアウーマン。仕事はできるが気が強くはっきりと物事を言う性格のため、一人息子が小学校入学した初めての懇談会でクラスの母親全員を敵に回してしまう。そのほか、義理の母や姉妹、地区の役員、夫等々とも意識の違いでトラブルに。
 陽子は、様々な困難の中、理解できる人、協力してくれる人、信頼に能う人にも出会い、無駄の多いPTAのシステムを変えていこうとする……。

 PTAだとか、地区のボランティアとか、誰かがやらねばならないことであるがその負担が母親に来ることは非常に多い。オイラは主人公と真逆の専業主婦故、PTAなどのいずれ受けねばならない役目は粛々と受けることにしていますが、社会全体での女性のあり方とかいろいろ考えました。
 今、小学生の子どものいる母親もそうですが、父親や祖父母など、子どもをどう支えるのか、読んで自分事として考えてもらいたいと感じます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0