So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

お客さまはぬいぐるみ 夢を届けるウナギトラベル物語 [本]

「お客さまはぬいぐるみ 夢を届けるウナギトラベル物語」東園枝/斉藤真紀子・著 飛鳥新社

 旅行会社「ウナギトラベル」。人間のお客さまはいません。ぬいぐるみのための旅行会社。
 ウナギトラベルにやってきたぬいぐるみさん(以下愛情も込めてぬいさんと呼びます)たちは、ツアーガイドのうななさんやウナーシャさんの熟練ガイドに案内されて、東京、東松島などさまざまなところへ旅に出掛けます。
 旅の写真はウナギトラベルのツイッターやフェイスブックにアップされ、ぬいさんの親御さんもそれを見ながら楽しんでいる様子を見ることができます。

 ぬいさんを旅に出す親御さんはいろいろ。ぬいさんでない人間の息子に勇気を与えたい方。たくさんの仕事を抱えうつ病になった方。自分の母親が急死し、旅行に連れていってあげたかったのにと悔やんでいる方。
 子どもに障害があって旅行できないけど、その思いをぬいさんに託している方。

 旅をしたい、させたいという方の思いを乗せてぬいさんたちが旅をいるのかなぁと思いました。そして、その思いを受けて旅をするぬいさんたちは希望を運んでいるのかもしれません。

 でも、ぬいさんたちと旅に出るのって楽しいですよね。
 今はぬいさんたちとホイホイ旅に出ていますが、自分が動けない年齢になったらうななさんたちに旅を託すのもいいかなあと思いました。

nice!(1)  コメント(0) 

永遠のPL学園 六〇年目のゲームセット [本]

「永遠のPL学園 六〇年目のゲームセット」柳川悠二・著 小学館

 PL学園は、かつて甲子園の常連校で全国制覇も7回、プロ野球にもたくさんの選手を送ってきた。
 そのPL学園野球部が、2016年には、部員12人、監督は野球素人となり、夏の甲子園を1回戦で敗退し休部となる。

 そのPL学園について、スポーツライターの著者が、丁寧に取材を重ねて書かれたドキュメンタリー。

 PL学園とPL教団の関係、野球部の先輩、後輩の関係、暴力事件の起こった背景など、複雑な状況があったのだと知った。

 PL学園の最後の代の62期生も、甲子園への夢を持ちながら入部しても、監督が野球の素人で高いレベルでの指導もなかった。それが歯がゆく感じたこともあったと思う。そんな野球をやる環境としては恵まれないなかで、真剣に野球に取り組んだ62期生は素晴らしいと思った。

nice!(1)  コメント(0) 

盲導犬ドリーナ [絵本]

「盲導犬ドリーナ」土田ヒロミ・作 日紫喜均三・監修 福音館書店

 読み聞かせには年長~。約5分。
 ドリーナが盲導犬となって、パートナーの方と暮らすまでを分かりやすく写真で描いた絵本。

 ドリーナがパピーウォーカーの家で10か月間愛情をかけられて育ち、それから盲導犬の適性があるか確かめられ、盲導犬の訓練所で、小さな段差でも一旦止まる、盲導犬は通れても人が通れないところには行かないなど。
 また、パートナーとなるましまさんとの練習も重ね、ついに訓練所を卒業し、ましまさんとの暮らしが始まる。
 ましまさんの家族とも関わり、ましまさんの仕事にも一緒に行き、ましまさんも行きたいときにどこにでも行けるようになる。ましまさんの行動がさらに広がっていく。

 一頭の犬が盲導犬として働けるようになるまで、多くの人が関わっておりたくさんの訓練や苦労があることがわかった。
 それだけに、盲導犬とパートナーの人は欠けがえのない仲間になるんだなあと感じました。

 子どもが読んだら目が見えない方の苦労や、それでも社会で同じように暮らしていく仲間なのだなあと感じられるのではないか。

nice!(0)  コメント(0) 

ぼくは、チューズデー ~介助犬チューズデーのいちにち~ [その他]

「ぼくは、チューズデー ~介助犬チューズデーのいちにち~」

 読み聞かせるなら小学校中学年くらい。約7分20秒。

 介助犬チューズデーは、いつもルイスと一緒にいる。
ルイスは体の不自由なひとを介助する犬。退役軍人であるルイスは戦争で大きな怪我を負い、PTSDでもある。そのルイスを支え、心の拠り所となっているチューズデー。
 介助だけでなくルイスにとって欠かせないパートナーとなっている。

 盲導犬の働きは知っていたが、このような介助犬については初めて知った。
 人のために働く犬が、人間にとってどれだけ大切かが分かった。
 子どもたちにもぜひ読んでやりたいと思う。

nice!(0)  コメント(0) 

パンダ [写真集]

「パンダ」岩合光昭・写真、文 新潮社

 動物写真家の岩合光昭さんが中国で撮られたパンダの写真集。
 野生の親子パンダに出会うのも大変だったでしょうに。その親子パンダの写真の充実していること。可愛らしく、また親子の情も感じさせる写真。
 それからパンダの故郷、四川省にある中国保護大熊猫研究中心で生まれた子パンダがゴロゴロ。集団子パンダにメロメロです。

 可愛くてたまらないので、パンダ好きの方はぜひ。

nice!(0)  コメント(0) 

京阪電鉄のひみつ [本]

「京阪電鉄のひみつ」PHP研究所・編

 PHP研究所のシリーズの1冊。
 京阪電鉄は京都―大阪を結ぶ本線、交野線、宇治線など、大阪府、京都府、滋賀県に91.1kmの路線網を持っている。

 新し物好きというか、京阪には日本初の試みがたくさんある。転換クロスシート。回生ブレーキ、連接車などは日本初。

 京阪電鉄のことを網羅して書かれていると思う。
 さらに巻頭に向谷実さんのインタビューが。まあ、最初に向谷さんの写真がどーんとあったわけですが。完全にオイラのツボ。
 向谷実さんは、元カシオペアのキーボード奏者、作曲家で、現在の京阪電鉄の駅メロを作られた方。京阪の魅力と、駅メロを作曲する上で心がけたことや工夫などが語られています。

 関東に住んでいて京阪に乗ったことは数回しかありませんが、魅力を知り、今度はそれを意識して電車に乗ってみたいと感じました。

nice!(0)  コメント(0) 

木内語録 子供の力はこうして伸ばす! [本]

「木内語録 子供の力はこうして伸ばす!」木内幸男+田尻賢誉 二見書房

 取手二高、常総学院高校で監督を務め、取手二で夏に1回、常総学院で春1回夏1回と全国制覇をした木内幸男監督。1984年夏の大会では、決勝で桑田、清原のいるPL学園を下しての優勝。
「木内マジック」とも言われ、その采配に驚かされることも多かった。だが、それは奇をてらったものではなかった。自分のチームの選手の得意不得意や、対戦相手との相性などを考えてサインを出している。木内監督にとっては、当然の采配だったのだと知った。

 また、木内監督の、高校生の育て方、その時代の生徒の気質や特徴を知りそれに合った指導をしてきたのだと感じた。

 現在、茨城では取手二高や常総学院で木内監督の多くの教え子たちが監督として、野球の指導にあたっている。その中からまた全国優勝を狙えるチームが現れるといいなと思う。

nice!(0)  コメント(0) 

地図にない駅 [本]

「地図にない駅」牛山隆信・監修 宝島社新書

 日本国内には、信号場、臨時駅、仮乗降場と駅のようで駅でない施設がある。
 中には、地元住民の便宜を図るため地図や時刻表には載らないけれど停車するところがあった。それらの中から特徴的なものを掲載している。

 個人的に臨時駅は偕楽園駅(臨)のイメージなので、観光シーズンに賑わっているようにも感じる。だが、乗客が少なく定期運行が困難になって、臨時駅に格下げになったものもある。廃止は免れているが、もの悲しい。

 ときに印象的なのは、北海道の仮乗降場からJR発足時に駅になったもの。
 糠南駅、生野駅、真布駅など、1面1線の木造のホーム。駅舎はないかあっても小さい。
 乗り降りする人は少なく廃止の危機に面している。だが、その佇まい。自然のなかにちっぽけな駅だけがある。行ったこともないのに懐かしさが湧いてくる。

 いつか、北海道のそんなに何もない駅に降りたいてみたいなあと思いました。
 でも、秘境駅、きつそう。


前回の「駅格差」と並べると、シンクロしてる。

nice!(0)  コメント(0) 

駅格差 [本]

「駅格差」首都圏鉄道路線研究会 SB新書

 首都圏の鉄道駅を比較しランク付けして、それぞれの駅の特徴について書かれた本。
 前著の「沿線格差」で、格差に注目して鉄道について書かれていましたが、今回もテーマ別のランキング、ライバル駅どうしの比較などでした。

 ファストフード店がない駅、利用者の少ない不思議な駅など。どうしてそうなのか書かれてあって「そういうことだったのかー」という発見が多々あります。

 「対決!ライバル駅」のコーナーでいくつか紹介されてました。この中で北千住VS赤羽が個人的にツボです。昔住んでいたところがその間。(どちらかと言えば赤羽が近いかも)今じゃどっちの駅もきれいになりましたね~。

nice!(0)  コメント(0) 

三崎日和 いしいしんじのごはん日記2 [その他]

「三崎日和 いしいしんじのごはん日記2」いしいしんじ・著 新潮文庫

 小説家のいしいしんじさんが三浦半島、2013年1月1日から12月31日まで1年間書かれた日記。当時、三浦半島の先端、三崎に住んでいらっしゃいました。
 現在は京都ですが。

 三崎に住んで、隣近所の家族とのふれあいや行きつけの魚屋さんとの関わり。
 住んでまだ1年の頃の話なのに、いしいさんは三崎の町の人々と仲良く過ごしている様子がいいなと思いました。
 ごはん日記だけあって、三崎の新鮮な魚や野菜など、様々な料理が毎日書かれていて、まめに料理されている方なのだなあ、作るのも食べるの好きなんだなあと。
 料理が得意で羨ましい。
 主に海の幸の食材が豊富で羨ましい。

 また、仕事の関係で東京にいったり、園子さんの住んでいる松本に行ったり、何かと忙しいし、お茶や落語など趣味も楽しんでいられる様子。いい暮らしだなあ。羨ましい

 三崎の街や商店街の様子が目に浮かぶようです。まだ三崎に住んで1年なのに普通に祭りで御輿を担いでいらっしゃいました。すっかり馴染んでいてすごい。
 三崎での暮らしを疑似体験した気分です。オイラも三崎に行きたいのです。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -